会社沿革

 宮酪乳業株式会社
 1948年(昭和23年)11月 宮城県の酪農家が集結し、宮城県酪農農業協同組合(以下、宮城酪農)設立。
1957年(昭和32年)5月 宮城酪農が名取市に工場を建設、日本で最初の超高温瞬間殺菌機を導入。
1966年(昭和41年)4月 宮城酪農の製造・販売部門を分離し、同組合の全額出資により宮酪乳業株式会社を設立。
2002年(平成14年)7月 仙台市宮城野区(仙台新港)に森永宮酪物流センターを開設。
2006年(平成18年)4月 森永乳業の100%出資会社となる。
2006年(平成18年)7月 仙台市宮城野区(仙台新港)の物流センターに併設して新工場の建設を着工。
 2007年(平成19年)9月  新工場操業開始。
 
秋田協同乳業株式会社
1951年(昭和26年)3月 大館市の市乳処理業者千葉・赤平・太田見の三店が企業合同し、大館乳業株式会社を設立。
 1956年(昭和31年)7月 社名変更、秋田協同乳業株式会社となる。
 1961年(昭和36年) 2月 森永乳業株式会社と業務提携。
 1970年(昭和45年)4月  全国にさきがけて、ドライビーフを開発し販売を開始。
 1980年(昭和55年)3月  大舘市岩瀬に市乳工場完成、大館旧工場(大舘市北新明町)より移転操業開始。
 1998年(平成10年)11月  乳業再編整備対策等事業活用し、市乳工場を増設し、操業開始。
1998年(平成10年)12月  森永乳業グループ連結子会社の秋田森永牛乳株式会社と経営統合。
2002年(平成14年)3月 食肉部門を秋田オリオンフード株式会社に分社化。
2003年(平成15年)4月 販売、物流部門を株式会社東北デイリーフーズ森永チルド事業部へ移管。
2007年(平成19年)12月 酪農飼料販売を森永酪農販売株式会社に移管。
東北森永乳業株式会社
2007年(平成19年)12月 森永乳業グループの宮酪乳業株式会社と秋田協同乳業株式会社が合併し、社名を東北森永乳業株式会社に変更。本社所在地を名取市から新工場のある仙台市宮城野区に移転。(森永乳業グループの日本製乳株式会社から3億円の出資を受ける)
2008年(平成20年)3月 東北6県の森永乳業の市乳・チルド製品の物流業務を東北森永乳業へ集約。
2009年(平成21年)2月 総合衛生管理製造過程認証(HACCP)施設として承認される。(秋田工場)
2010年(平成22年)12月  総合衛生管理製造過程認証(HACCP)施設として承認される。(仙台工場)
2015年(平成27年)9月  仙台工場、秋田工場でISO14001認証を取得する。